ハリアーの限界値引きを一度の商談で!

ハリアー/ハイブリッド一発値引き交渉!

ハリアー一発値引き交渉は、交渉事が苦手な人や交渉が面倒な方に最適な値引き交渉術です。

一度の商談で、ハリアーから限界付近の値引きを引き出すためには、前もって用意周到に準備をしておきましょう。この事前準備によって成功する確率がグンと高まります。

ハリアーの目標値引き金額を設定して、「この金額ならハリアーを買っても良い」と自分が思う予算を設定をします。

あまり安すぎる金額では、セールスさんが相手にしてくれません。

「普通なら出さないが、無理をすれば出なくもない条件」この絶妙な落とし所を探っていきましょう!


ハリアーの目標値引き金額

車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定するといいでしょう。

ハリアー車両本体からの目標値引き額(2016年12月現在)

26万円
(ハリアーハイブリッド26万円)

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5~10万円
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+5万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5~10万円
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+5万円前後
※参考 ハリアー実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、ハリアーの値引き合格ラインです。

さらにハリアーを購入する時期によっては、値引き合格ラインに上乗せが可能です。上記の値引きが多くなる時期も参考にして、一発値引き交渉で提示する予算を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、今の価格を調べて希望予算に組み込んでいきましょう。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの愛車を最高額で売る!も参考に。

 

ハリアーの諸費用

ハリアー2.0 エレガンスの諸費用です。

ハリアーの車両本体価格とオプション価格にプラスして、ハリアーの定価の総支払額を算出しましょう。

諸費用合計金額 207,107円

・自動車税(8月登録) 23,000円

・自動車取得税 43,200円

・自動車重量税 22,500円

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 12,550円

・登録諸費用 65,817円

 

さあ本番!1回の交渉でハリアーの限界値引きを引き出そう

上記のハリアーの目標値引き額、諸費用、下取り車の相場を参考にして、購入グレードの希望購入予算を出します。

希望購入予算でハリアーを購入するためには、ライバル車の条件を引き合いに出して、「それよりも安くなるなら、ハリアーを契約する」とやります。

 

ハリアーのライバル車は、マツダのCX-5、日産エクストレイル、三菱アウトランダーPHEV、スバルのレガシィアウトバック、同じトヨタのランドクルーザープラドなどが良いでしょう。

ハリアーの購入希望グレードと同価格帯のライバル車を選んで、ライバル車の条件をハリアーのトヨペット店にぶつけます。

例えば、以下のようにやってみましょう。

「今CX-5を買おうとしていて、これからマツダへ行って最後の商談をするつもりです。ほとんどCX-5に決めるつもりでしたが、ハリアーも気になりこちらに寄ってみました。もしCX-5より安くなるならマツダへ行くのを止めてこの場でハリアーを契約します。」

と言って、希望のグレードとオプションを伝えて、「CX-5は325万円です。ハリアーが320万円になれば契約します」と希望予算を伝えます。「希望予算にならなければマツダへ行く」と言う姿勢で商談しましょう。

場合によっては、「CX-5の325万に合わせます」とか「323万円が目一杯です」とセールスさんが駆け引きを含めて言ってくるかもしれません。

駆け引きが面倒なら、ライバル車の金額を希望予算額にして伝えてみましょう。そうすればそれ以上の条件を出してくれば希望をクリア出来ますし、同じ金額にしてきても目標達成になります。

ただあまり欲張り過ぎると、「うちは無理です」と、あっけなく白旗を出される場合もあるので、多少余裕を持った落とし所が、成功の決め手になります。

もし失敗したら、その場で予算を緩めて交渉するか、越境して隣県の系列違いのトヨペット店で試す方法もあります。

その場の雰囲気で臨機応変に対応しましょう。

 

「セールスさんへ宿題」作戦

もし購入を急いでいないのなら、ハリアーの購入条件を前もってディーラーへ伝えて、ディーラーからの連絡を待つ方法があります。

 

伝える時期は、値引きが多くなる時期に合わせて、それよりも前に伝えると成功しやすくなります。

3月の年度末決算セールに合わせるなら、前年の12月中に、夏のボーナス商戦なら5月中に、9月の中間決算期なら7月~8月中に、年末商戦なら11月中ですね。

そして「この条件が出せる時に連絡ください 」「この条件になれば契約するので、いつでも連絡ください」とトヨペット店に伝えておけば、その条件で出来る時に連絡が来ます。

地元以外の隣県のトヨペット店にも伝えておくと、連絡が来る確率が高まりますね。

ハリアーの限界値引きを狙うなら、ある意味ダメ元に近い条件を出しておきます。3月の決算を狙ったものの、もしもその時期に連絡が来なかったら、こちらからセールスさんに連絡して「その後どうですか?」と商談を再開する事も可能です。

購入時期に余裕があれば、この宿題作戦を試してみても面白いかもしれませんね。

 

ハリアーの値引き交渉が苦手なら下取り車でカバー

中には「新車の値引き交渉は苦手」「交渉事はやりたくない」「値引き交渉したら自分の印象が悪くなる」などの理由で、ハリアーの値引き交渉をしたくない方もいるでしょう。

しかし下取り車があれば、値引き交渉をしなくてもハリアーを安く買う事が出来ます。やり方はとても簡単なので、だからこそハリアーの値引き交渉よりも重要なのです。

 

ディーラーはウソをついている??

下取り車があれば、ほとんどの方はディーラーで査定してもらう事と思います。

ここで気を付けなくてはならないのが、ディーラー査定の8割は初回の査定額を安く見積もっているのです。

これはワザと安く見積もって、後々お客さんに契約してもらうために「下取りを○○万円上乗せするので決めてください!」と言ったセールストークに使うためです。

他にも、「業界の査定書の規定の金額しか提示しない(実際の相場を見ない)」「買取専門店よりも人件費や在庫に掛かる経費が掛かりすぎる」などと言った理由もあります。

大手買取会社の調査では、ディーラーの査定は実際の相場よりも、平均で16万円も安い事が分かっています。

平均で16万円なので、実際には下取り車が高額車になればなるほど、その差額は大きくなる傾向です。

 

16万円も下取りで損しないためには?

下取り車で16万円も損したら、ハリアーから値引きを引き出しても無駄になってしまいます。

せっかくのハリアーの値引きを無駄にしないためには、買取店の査定サイトを利用しましょう。

管理人も以前、軽自動車を買い替えた時に利用しました。

その時はディーラーで39万円の査定価格でしたが、買取店の査定サイト(カービュー)では、なんと20万円も高い59万円が提示されました。

 

カービュー査定

契約前だったので、ディーラーへ電話して「買取店は59万円の金額を付けて来ましたけど、もっと金額を上げてもらえませんか?」と伝えました。

すると、契約時には下取り査定金額が18万円アップされていました。

その時の契約書はこちら。

 

初回の39万円のままで契約していたら、18万円も損していた事になります。

この時したことは、カービューの査定サイトに申し込んだ後にすぐに表示される自分の買取相場をディーラーに伝えただけです。

とても簡単な方法で18万円も安く次の新車が買えたので、ハリアーを買う時もある意味ハリアーの値引き交渉より重要と言えるでしょう。

値引き交渉が苦手な人でも、これなら簡単にハリアーの総支払額を下げて安く買う事が出来ますね。

ハリアーの値引き交渉が苦手でも出来る、おススメの方法です。

その後、相場を提示した買取店に査定してもらいましたが、金額はほぼ相場通りの58万円でした。

ディーラーのリサイクル料の戻りを入れると金額的には一緒なので、そのままディーラーへ下取りに出しましたが、もしディーラーの下取り金額よりも、買取店の査定が高くなれば、さらにハリアーを安く買えますね。

 

>>カービューの無料査定はこちら

無料査定

 

↑ PAGE TOP

PAGE TOP